東京・いけばな教室2021・6月

「多様性」
現代社会で良く耳にする言葉ですが、幅広く性質の異なる群が存在することを意味します。
単にいろいろあるということではなく、類似性がある中で独自性をもつ者たちが共存している状態です。
まさに、花器の上の花たちに同じで、華道家が表現し続けている生け花の真髄に繋がります。

館山・いけばな教室2020・10月

館山こどもいけばな教室、10月のお稽古風景です。
今回は葉付きの良いユキヤナギが難しい花材でしたが、苦戦しながらも見事に生け上げました。不要な枝を切り落とす剪定の技術も少しずつ習得できると良いですね。しかしながら、緩急のついたダイナミックな作品は大人にも劣らない素敵な作品でした。